blog

今日はそらさやキッチン2回めの内覧会でした。お客さまのお顔がニコニコとおだやかだったのでとてもうれしかった。
ゆうやくんががんばっていた。大家さんも笑顔で。いい気が伝わってくる。
この場所はやっぱり心地いい。
陽の光と川の流れがそこにいつもあって
大きな安心感があるのです。
ただぼーっと川が流れ風がそよそよとする
光景を見ていたい。

いよいよオープンの明日。いい日になりますように。
貸し部屋のテーブルにかけていた白い布を持って帰ってお洗濯。おひさまのパワーであっという間に乾く。ふかふか気持ちいい。
ダブルガーゼで柔らかくて、、あーこの布で何か作りたいなと思った。母に縫ってもらおう。ワンピースかブラウス?ナイティにしようかな。妄想が止まらない。

最近はデザインもたいせつだけどいちばんに手触りを気にするようになった。着心地が悪いと一日着ていられない。服も新品よりも使いこんだようなアンティークのようなのがいい。

この布、すでにアンティークっぽく色褪せて使いこんだような味わいになってるのできっと着ると気持ちいいはず。着る日が楽しみです。

今日は月に一度の喫茶仄々の日でした。
お客さまがおふたりという喫茶。注文を聞いてから最中の皮にあんを詰める。おひとりずつ丁寧に珈琲を淹れる。お客さまが喜んでくださる様子が目の前で伝わる心地良さ。
店主まりさんが考えた喫茶仄々、いいなぁと改めて思う。
回を重ねるごとにお客さまとの会話が楽しくて、まりさんも私も笑顔が弾ける。初めて来られた方も楽しく話をしてくださって。
まりさんも私も緊張感が程よくなってきてるのがいいのかもしれないなぁなんて思いました。来月も楽しみです。
好きな本の中の好きなページをカラーコピーして、手帖に貼るのが習慣です。

昨年から続けて使っているこの手帖は、最初にカレンダーがありますが、ほぼこのようなシンプルなノートになっていて、最後に真っ白なページが少しあります。
真っ白なページに貼った写真は毎日見るので、知らず知らずのうちに脳に残るようで。
叶えたい夢を実現する方法です。
こうやって若いころから夢が叶いました。
やりたいことや買いたいものも書いて書いて。脳のしくみはおもしろい。最近ほんとにそう思います。だから何を考えるか、
にとっても気をつけています。


こんなふうに、平たいざるをプレートにした
朝食もすてきだなぁ。
エアコンの効いたひんやりした部屋で好きな本をじっくり眺める時間。至福です。
実家のキッチン改造計画がほぼ終わり、コタツスタイルからテーブルと椅子スタイルに変わった。母が慣れてくれるかしらとちらり思ったけれど、テーブルになったその日から
あたりまえのように椅子にすわっていて。
感情の起伏が少ないところは、母に似たんだなぁきっと。おだやかにおだやかに淡々と暮らしています。
本棚も置こうかな、キッチンに。楽しいこと考えよう!
今日は懐かしい人たちがそらさやキッチンの見学に。大竹のパインコーンズだったメンバーの方たちが今ではお店をされてたり自宅で料理教室をされてたり。パインコーンズさんが主催されたイベントにずっと参加していたのでした。
そしてあのころあの場所におられたけれどお会いできなかったひとも今日来られていて、
「お会いしたかったんです」と言ってくださって。出会いは不思議で宝物だなぁと思う。

そらさやキッチンのとなりの部屋、なんだかとても好きです。内覧会に来られた方たちもみなさん気に入ってくださってました。この空間もみなさんに愛されていきますように。
数日前に孫のすみれちゃんと薫くんが泊まりに来た。夏休みが始まったばかりだったけど、すみれちゃんはなつやすみの宿題をもうほとんど終えたそうで。学校の勉強でなにが好き?と聞いたとき、冷蔵庫の前に立っていてお知らせボードに書いていたのは答えでした。
どうやらとってもていねいに字を書くようで。先生にもほめられているらしい。
ハートが好きみたい。2年生になったすみれちゃんは少しずつ成長してるんだなぁ。
13年前の暮しの手帖をキッチンに置いていて、表紙をぱらりとめくったらこの文字が現れた。
ほのぼのと 
ほのぼのと、ゆこう

いろんなことがあるけれど
くやしかったりはがゆかったり
することもあるけれど
でも ほのぼのとゆこうじゃないか
と心にうなずく。

夏まっさかり
今日このときをたいせつに。
漢方薬局に通い始めて2ヶ月が経った。大学病院での出来事から医者嫌い薬嫌いになって5年余り。漢方だったら、、と直感で訪ねた薬局はとても自分に合っていた。身体と心全体を診てくださるので安心できる。2週間おきに伺うたびに体調が良くなってきていて、今では最初の不調がすべてなくなっている。
即効性はないけどじわじわと効いて、気づいたら不調が消えていた、という感じ。
続けるのが苦手な私が2ヶ月続いたのはやはり
薬剤師さんのおかげ。

身体の中のお話を毎回聞くたびすごく勉強になっていて。症状を薬で抑えたり、手術して取り除くという西洋医学はわたしには納得ができなかったけれど、中医学の考えは聞けば聞くほどに納得できている。

久しぶりに取り出して読んでいる本は、買ったときよりも内容がすーっと入ってうなずくばかりだった。「感謝からはじまる漢方の教え」 いい本でした。
今日はそらさやキッチンの内覧会でした。
この場所を使っていただけそうな方に内覧会のお知らせをさせて頂いていましたが、今日ご予約くださった方が来られました。
久しぶりに会う方もいたりで話が弾みました。

午前中のそらさやキッチンは陽の光が降り注いでとっても美しい。
川の流れや桜の木をぼーっと見ているだけで
ほんわかとしてしまいます。

ビルが喜んでいるのを身体に心に感じた日でした。
アフォガードっていうのだそうです。
ジェラートにエスプレッソをとろりと注いで
いただく…  初めて食べましたがとってもおいしかった♡

辻さんがこれをやりたいとずっと言われていて全力で準備されています。スプーンもひとつずつ製作中。ナカムラエツコさんには写真や動画、そしてラッピングも考えていただきました。いい時間になるといいなぁ。喜んでもらえたらいいなぁと思っています。

ナカムラエツコさんの写真を見つめていると
やわらかな光とともに希望を感じて
うれしくなってしまう。

8月7日から始まる個展では
鉄作家の辻さんが作られるスプーンが
小さな貸し部屋にやってきます。

これまでに辻さんがされた個展はとっても
かっこよくて飾ったまま触れない雰囲気が多かったと思いますが、
貸し部屋ではその壁をこわしたいとひそかに
思っています。
だってこんなにすてきで可愛いスプーンなのですよ。みなさんに触ってもらいたい。笑



ガラスの器は10年以上前から持っていたもので、どこで買ったのかも覚えてないのだけど
レトロな器になりました。プレートもスプーンもアンティークに育っていきそうな予感。
おいしいジェラートを食べてもらう小さな喫茶も準備中です。

辻さん、アナログなので大変です。だいじょうぶかなぁ。Instagram更新してくださいよー!